ホーム > 製品サービス > 化学装置 > 蒸発濃縮装置 > メッキ廃液濃縮装置

メッキ廃液濃縮装置

plate_01.gif

フロー(TVR単効用型の例)

製品名 メッキ廃液濃縮装置
適用分野 メッキ工場、鋼板工場
製品概要

鋼板の表面処理およびメッキ工程(ラミネート缶用コイル製造工程等)では、クロム酸、フェノールスルホン酸やその他の特殊なメッキ液が使用されている。これらのメッキ液から水分を蒸発除去し再利用する。

装置形式は蒸発能力に応じて、TVR式、MVR式、多重効用式が選択される。

小型装置ではスキッド・マウント ユニットで納入される。

製品特長
  1. 装置内に保有する液量が少ないため運転起動・停止の時間が短く容易である。
  2. 装置がコンパクトで設置面積が小さい。ヒーターとセパレーターを一体化することにより、さらに設置面積を小さくすることが可能である。
  3. 定常運転、CIP運転共全自動運転
  4. 多くの実績を持ち、適切な材質選定(Ni、SUS等)により良好な製品品質が実証されている。
  5. 省エネルギータイプ
主な仕様  

実施例

取扱液 処理量 蒸発量 納入先
フェノールスルフォン酸 12M3/Hr 600Kg/Hr N社
クロム酸:30g/l 1334Kg/Hr 1000Kg/Hr T社
クロム酸:100g/l 6617Kg/Hr 1000Kg/Hr T社
クロム酸:30g/l 1360Kg/Hr 1000Kg/Hr T社
特殊メッキ用廃液 916Kg/Hr 613Kg/Hr T社
EGLメッキ用廃液 110M3/Hr 22M3/Hr S社
EGLメッキ用廃液 120M3/Hr 9000Kg/Hr P社

お問い合わせについて

弊社の製品・サービスなどに関してはこちらからお問い合わせください。

contact_w.jpgcontact_e.jpg