ホーム > 製品サービス > 化学装置 > 蒸発濃縮装置 > カプロラクタム蒸発濃縮装置

カプロラクタム蒸発濃縮装置

capro_01.gif

製品名 カプロラクタム蒸発濃縮装置
適用分野 化学工場 繊維工場
製品概要

6-ナイロンはカプロラクタムを原料として重合等により製造される。

その製造工程において、重合しきれなかったカプロラクタムは洗浄され廃水として

排出される。

ラクタム蒸発濃縮装置は、その希薄カプロラクタムを蒸発濃縮し回収するためのものである。

 

カプロラクタムの濃度は各社によるが、希薄カプロラクタムの濃度は約7wt%で

あり、濃縮液は約70wt%である。

カプロラクタムを蒸発濃縮する場合、下記の2項目に注意しなければならない。

  • 1.固形分としてオリゴマーが存在し、操作条件によってはオリゴマーが析出し
  •   スケールとして、装置に悪影響を与える。
  • 2.カプロラクタム自体、蒸気圧を持っており、単なる蒸発操作だけでは、
  •   カプロラクタムの損失、蒸発凝縮水の純度低下になる。

 

当社は長年の実績により、上記2項目を改善した設備としている。

製品特長
  1. 蒸発カプロラクタムを蒸留操作により回収し、蒸発蒸気ドレン廃水のカプロラクタム濃度を0.1wt%以下を可能にしている。
  2. 2重効用部及び仕上濃縮部は、オリゴマーの析出を防ぐ操作条件として設定している。(スケール付着の軽減)
  3. 装置内に保有する液量が少ないため運転起動・停止の時間が短く容易である。
  4. 装置がコンパクトで設置面積が小さい。ヒーターとセパレーターを一体化することにより、さらに設置面積を小さくすることが可能である。
  5. 定常運転、CIP運転共全自動運転
  6. 省エネルギータイプ

お問い合わせについて

弊社の製品・サービスなどに関してはこちらからお問い合わせください。

contact_w.jpgcontact_e.jpg