ホーム > 製品サービス > お客様サポート > 省エネ設備診断サポート

省エネ設備診断サポート

サポート内容

「現在稼働している設備、工場に関し省エネルギー化したいが、どうしたらよいか分からない」とお悩みのお客様、当社がそのサポートをさせていただきます。

 

当社は、長年の経験に基づき、様々な角度からお客様の設備や工場を検証し、省エネルギー効率が高く、最小の投資費用で短期間にコスト回収が可能となる提案をさせていただくことができます。

 

また、提案にあたっては、できるだけ国の補助金の採用も視野に入れたご提案とすることでさらに投資効率を高めることもサポートさせていただきます。

 

初期の見積は無料ですので、ぜひ一度ご相談ください。

 

当社は、以上のようなコンサルタント業務をご提供させていただきます。

 

サポート案件例

下記に示しております内容は、当社の経験に基づく提案の一例です。お客様の設備の状況に合わせて柔軟に対応させていただきます。

NO 省エネ対象 省エネ内容
1 ボイラー   ボイラー給水をヒートポンプの導入により昇温し、燃料消費量を削減します。
蒸気の減圧エネルギーを圧縮熱回収コンプレッサーで回収し、圧縮空気を供給することで、コンプレッサーの消費動力を削減します。(以下の説明図参照)
蒸気の減圧エネルギーを蒸気発電機(バイナリー発電)で回収し、発電します。(以下の説明図参照)
2 バイナリー発電 高温熱水を用いたバイナリー発電をご提案します。
3 冷却塔からの熱回収 ヒートポンプ導入による低温熱源からの熱回収を検討します。ヒートポンプから温水を供給することによりボイラーの蒸気使用量を削減します。
4 チラーユニット 冷温水同時取出しヒートポンプの導入により、温水と冷水を同時に製造します。ボイラーとチラーユニットの二役を兼ねることで消費するエネルギーを削減します。
5 コンプレッサー 大型コンプレッサーの排熱をヒートポンプで回収し、温水を供給します。ヒートポンプから温水を供給することによりボイラーの蒸気使用量を削減します。
6 膜濃縮による省エネ 膜濃縮により熱エネルギーを用いない濃縮を検討します

energy_saving_equipment.png

【省エネルギー提案例】

ボイラーからの蒸気を工場設備で利用する場合、減圧弁で圧力を調節して減圧蒸気として利用することが多いと思われます。

 

その際に、蒸気を減圧するエネルギーは単なるロスとして消費されております。

 

今回のご提案では、そのロスを発電又は圧縮空気として回収することで工場全体の省エネルギーに貢献することができます。

 

① 蒸気発電機

蒸気を減圧するエネルギーにて小型タービンを回転させ、発電する機能を有しております。

 

② 圧縮熱回収コンプレッサー

蒸気を減圧するエネルギーを動力源としてコンプレッサー(圧縮機)により空気を圧縮する高効率な省エネルギー型コンプレッサーです。

 

お問い合わせについて

弊社の製品・サービスなどに関してはこちらからお問い合わせください。

contact_w.jpgcontact_e.jpg