ホーム > 製品サービス > 化学装置 > 高耐食樹脂ライニング > KS樹脂ライニング

KS樹脂ライニング

KS樹脂ライニングとは

KS 樹脂ライニングは、プラスチック材料の長所を最大限に生かしています。

プラスチック材料の一般的な性質

長所短所
  • ・耐食性がよい
  • ・軽い
  • ・強度が低い
  • ・割れやすい

プラスチック材料は、高級な金属材料(ハステロイ、チタンなど)にも匹敵する耐食性を有する一方 で、強度が低く、割れやすいのが難点です。

樹脂ライニングの利点

金属材料(鉄やステンレス)の表面にプラスチック材料を接着させることで、プラスチック材料の短所を補います。

KS樹脂ライニングとは

熱可塑性樹脂の中でも特に耐食性、耐熱性にすぐれるビニルエステル樹脂を用いたFRP ライニングです。

KS樹脂ライニングの構造

  • KS 樹脂(表層)

    樹脂の含有率を高め、耐食性を重視した層

  • KS 樹脂(中間層)

    ガラス含有率をやや高め、耐クラック性を重視した層

  • KS プライマー

    特殊配合の樹脂で、優れた接着性を示す

  • 下地(強度材)

    適切な表面処理により、良好な接着性を得る

KS 樹脂ライニングの耐食性

KS 樹脂は、市販の不飽和ポリエステル等と比較してエステル含有量が少なく、加水分解しにくい構造であるため、各種薬品に対してすぐれた耐食性を有します。KS 樹脂ライニングにはKS-1005 とKS-1001 の2 種類があり、ご使用の環境によってお選びいただけます。

環 境K S 樹 脂 型 番
KS-1005
(ビスフェノール系ビニルエステル)
KS-1001
(ノボラック系ビニルエステル)
耐酸性
耐アルカリ性 不可
耐塩水性
耐溶剤性 一部使用可
耐浸透性
  • ビスフェノール系ビニルエステル

  • ノボラック系ビニルエステル

ビニルエステル樹脂はエステル含有量が少なく高耐食

  • イソフタル酸系不飽和ポリエステル

  • :エステル基

ビニルエステル樹脂および不飽和ポリエステルの一般的構造式およびエステル含有量

KS 樹脂ライニングの施工実績

  • 酸化塔

  • 排液処理装置

装置名腐食環境
硫酸貯槽
使用温度
60℃
使用温度
65%硫酸
硫酸希釈槽
使用温度
80℃ (max.100℃)
使用温度
Conc.硫酸 → 30%硫酸
塩酸貯槽
使用温度
50℃ (max.60℃)
使用温度
35%塩酸
苛性ソーダ希釈槽
使用温度
80℃ から放冷
使用温度
48%苛性ソーダ → 20%苛性ソーダ
次亜塩素酸ソーダ貯槽
使用温度
60℃ (max.70℃)
使用温度
12%次亜塩素酸ソーダ + 3%苛性ソーダ
廃水貯槽
使用温度
60℃
使用温度
含マレイン酸廃水
海水淡水化装置
使用温度
60~100℃
使用温度
濃縮海水
酸化塔
(排煙脱硫関連)
使用温度
max.90℃, pH 2~4
使用温度
CaSO3 + air → CaSO4・2H2O
冷却塔
(焼却炉排ガス処理装置)
ガス温度
750~800℃(入口), 80~90℃(出口)
ガス組成
2000ppm 亜硫酸ガス, 500ppm 塩素ガス
液組成
3%苛性ソーダ または 水 (循環液として)

KS樹脂ライニング資料ページへ

お問い合わせについて

弊社の製品・サービスなどに関してはこちらからお問い合わせください。

contact_w.jpgcontact_e.jpg